if HOME if HOME if HOME
セラミックテーブルVEIN セラミックテーブルVEIN セラミックテーブルVEIN
カウチソファ カウチソファ カウチソファ
ifcomfy ifcomfy ifcomfy
2021年 05月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
休業日
2021年 06月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

Amazonアカウントで
お支払いができます

Amazonアカウントでログイン
 

CARRY IN

大型家具の搬入について

大型家具をご注文いただく場合は、ご購入前に必ず「搬入経路」のご確認をお願いいたします。
搬入経路によっては、お部屋に家具を入れられない場合がございます。以下のご確認事項をご参考に、搬入経路をご確認ください。

  • ※以下の項目については、あくまでも目安となります。搬入が保証されるものではございません。
    形状などによっては搬入ができない場合もございます。あらかじめご了承ください。
  • ※玄関からの搬入が困難な場合、窓からの吊上げ対応にて搬入が可能な場合もございます。

商品サイズについて

以下の図のように、商品の「幅」、「高さ」、「奥行」をご確認ください。
搬入の際は、商品の向きを変えながら搬入する事がありますので、廊下の天井高は商品の一番長い辺より少なくとも+ 20cm 以上の高さが必要となります。
また、搬入経路の横幅は、一番短いサイズ以上でないと通ることができません。
商品サイズイメージ

搬入経路のサイズ確認について

商品をお部屋に搬入するまでに特に注意が必要なポイントをご案内いたします。
戸建や集合住宅など、住居形態によって、確認すべきポイントは異なりますが、以下の項目をご参考にサイズの計測を行ってください。
商品サイズに加え、実際の搬入時には作業スタッフの分のスペース確保が必要となりますので、商品をご購入する際は余裕をみてご確認ください。

エレベーターにおけるサイズ確認

エレベーターを利用して搬入を行う場合、
A. エレベーターの扉の横幅と
B. エレベーターの扉の高さ
C. エレベーター内部の天井の高さ
D. エレベーター内の奥行
を必ずご確認ください。

扉の高さよりも商品が大きい場合、家具を傾けて搬入を行いますが
E. 傾けた状態の奥行が
D. エレベーター内の奥行よりも短い場合
は搬入が可能となります。

※エレベーターを利用しての搬入が難しい場合は、階段からの搬入についてご確認ください。

エレベーターにおけるサイズイメージ

階段におけるサイズ確認

直線階段について

直線階段では、F. 手すりから壁までの階段幅をご確認ください。
階段幅が商品の一番短い辺よりも長ければ搬入可能となります。

屈曲階段について

踊り場で折り返す必要がある場合、
F. 手すりから壁までの階段幅と
G. 踊り場の天井の奥行
H. 踊り場の天井までの高さ
を合わせてご確認ください。

直線階段・屈曲階段

踊り場で家具を縦にする場合がございますので、H. 踊り場の天井までの高さが商品の一番長い辺よりも長い必要があります。
商品の最も長い辺+ 20cm 程度を目安にご確認ください。

踊り場

玄関におけるサイズ確認

玄関では通路から玄関ドア付近のサイズ確認を行ってください。
家具の最も短い辺に対して、通路と玄関の幅を確保する必要があります。
I. 玄関の高さが低いケースがあるため、高さのある商品を購入する際は必ず注意して確認するようにしてください。
玄関におけるサイズイメージ

お部屋におけるサイズ確認

お部屋では、通路幅や天井の高さ、階段の幅などのサイズ確認を行ってください。
お部屋の中と通路で天井の高さが異なる場合や、曲がり角や扉のドアノブ、照明などの配置によって、搬入時は、想定していた幅よりも確保可能なスペースが狭い場合があるため注意が必要です。
家具の最も短い辺より通路幅が短い場合は搬入することができません。
お部屋までの搬入通路に曲がり角がある場合、以下図のように、家具の最も長い辺を縦にしながら角度を変え搬入を行います。
下記のような曲がり角がある場合は、奥行や高さの確認を十分行ってください。
お部屋におけるサイズイメージ

入口におけるサイズ確認

お部屋の入り口では、扉の形状や開き方、ドアノブの位置などご確認ください。
ドアノブが邪魔で搬入できないケースや、壁にぶつかって家具の方向を変えることができず搬入できないケース等ございます。
下記のようなケースを想定し、搬入可能かお確かめください。

  • 片開きで90度しか開かない扉

    ドアを開けることが出来ないケースや、扉を開けることで家具が搬入できないケースがあります。

  • 家具が壁等にぶつかってしまう場合

    曲がり角などで、壁にあたってしまい搬入ができないケースがあります。

  • ドアノブ等が邪魔になる場合

    扉やドアノブの分廊下が狭くなり、家具が通らないケースがあります。

窓からの吊上げ搬入について

上記のようなエレベーターや階段からの搬入が難しい場合、窓からの吊上げ搬入が可能なケースがあります。

【注意事項】

  • 当日の天候によっては吊上げ作業ができない場合があります。
  • 集合住宅の場合、事前に階下の住人の方や管理会社の許可を得る必要があります。
  • 家具を持ち上げるた作業を行うため、窓の下に作業スペースを確保する必要があります。
  • 吊上げ搬入は2 階までが対象です。3階以上は対象外となります。
  • ベランダ等の手すりを利用して家具を引き上げるため、手すりの強度が十分である必要があります。
  • 吊り上げ作業が必要な場合、別途費用が発生する場合がございます。ご了承くださいませ。